彩球オーディオ倶楽部

2013年新年会

(速報版)

 

 

 

 

 

 

 

 去る126日(土)に、幸手市コミュニティセンターにて、彩球オーディオ倶楽部の2013年新年会が開催されました。当日は天候にも恵まれ、100名を超えるオーディオファンが会場に集まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1部は「WE755Aとその関連スピーカを楽しむ」というテーマで、会員が所有していう5セットのスピーカーを持ち寄り、音楽の表現の違いを楽しみました。

@    WE755A ランドセル型のキャビネット

A    WE755A 密閉型キャビネット

B    サウンドベース755A

C    アルテック755E

D    WE728B (口径30cmのフルレンジ)

 

 

 

 

 

 

 

中央から@ABCDと並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

2部は「755Aの研究と解説」というテーマで、MJ誌の小型スピーカーの製作記事でおなじみの小澤隆久先生による技術セミナーが開催されました。下記の三つの内容で、実験も行いながら解説されたので、とても楽しいセミナーとなりました。

@     出品された5台の755のレスポンスとインピーダンスを計測したグラフの解説。

A   先生が持参されたサウンドベース755Aを使い、低域特性の改善方法の解説。

B   6V6シングルアンプの結合コンデンサを、金属蒸着フィルムコンデンサ、オイルペーパーコンデンサ、大容量のマイカコンデンサに交換した時の音の違いの確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3部は「岩村氏製作アンプ2台の鑑賞と解説」というテーマで、MJ誌のアンプ製作記事でおなじみの岩村保雄先生が製作した2A3シングルアンプと45プッシュプルアンプの試聴を行いました。

この2A3シングルアンプはシンプルな回路とローコストな部品なので、誰でも比較的簡単に製作できるのが特徴であり、45プッシュプルアンプのほうは高級な部品を使って高音質を目指したとの解説がありました。ジャズを中心に、先生のアンプをじっくり堪能することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 技術セミナーも終わり、会場をコミュニティセンター内にある談話室に移し、懇親会の始まりです。今回も30名を超える参加者あり、用意した座布団が足りなくなるというハプニングもありました。小澤先生と岩村先生を囲み、夜がふけるまで楽しい語らいの時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は427日(土)に、久喜総合文化会館での開催となります。またオーディオで楽しく盛り上がりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system